赤堀 · 2022/09/21
相続税の申告すべき人は、原則として相続税額が発生する人(相続人)ですギリギリでセーフの人との対応は悩ましいです
赤堀 · 2022/09/14
税務署から相続税のご案内という文書(行政指導文書)が相続人宛に送付されることがあります これってほっておくと罰則があるの?
道上 · 2022/06/26
簿記を習得したのがちょうど40年前になります。 経済取引を財産面と業績面に分けて観察して、記録して、報告する、人々が必要の中から生み出した慣習というか、技術というか、おもしろいなあと思う反面、「もっと別の画期的な観察手法があるんじゃないか」という野心が湧き上がる感覚が沸き上がったのも覚えています。若かったから。...
道上 · 2022/05/08
 連休しょっぱなに関与先の社長が買ったトヨタのC+podに乗せてもらいました。その乗り心地はさておき、脱炭素社会が身近なものになってきていることを実感しました。というわけで、連休中に脱炭素関係の書籍を2冊読み、浜松経済同友会が3月に開催したサミットの動画を今さらながら視聴しました。(ちなみに私は浜松経済同友会の会員でもなんでもありません。商工会議所からの広告を捨てずに持ってただけです。)恥ずかしながら全然関心のない分野だったのですが、いろいろ気づきがありました。  昨年暮れにドタバタの末に結局延期になった電子帳簿保存法も、脱炭素社会実現に向けた動きなんだ! 今年から年末調整の手引き等の書類が送られてこなくなるとか、納付はキャッシュレスでとか、全部脱炭素に向けた動きなんだ! だったら、そうとズバリ言ってくれれば、わかりやすいし、納税者の皆さんも興味持ってくれると思うのですが、そうじゃないところが役所のちょっと残念なところ。経理事務の見直しが地球環境改善に貢献できるなんて、ロマンがあるじゃないですか。でも、役所は昔より変化対応のスピードが確実にアップしてます。あるいは、脱炭素が遅れていることへの政府の焦りなのかもしれません。  試しに当法人の予定納税をクレジットカードを使って納付してみました。ちょっとドキドキしましたが、コーヒー豆のお試しキャンペーンのWEB申込くらい簡単に納付できます。決済手数料が発生するのですが、私の使用したカードの場合、カード会社のポイントと相殺できるくらいの額だったり、利用総額にカウントされてカード年会費が無料になったりします。カード会社の担当者に電話で教えてもらいながら手続きを進めました。  ダイレクト納付は関与先の何社かで希望があったので、利用しています。初回の登録手続きはやや面倒ですが、納付手続きは簡単です。国税だけでなく、地方税にも同様のサービスがあります。  脱炭素とか、DXとか、社会の潮流に乗るって大事ですね。  あやうく置いてけ堀になるところでした。   
道上 · 2022/03/01
 今年の確定申告は、菊川市商工会でのセミナーから始まりました。当日(1月24日)は、まんえん防止の影響もあって30名がZOOMでのリモート参加、10名が会場参加という4時間で、個人の青色申告の概要をしゃべりまくるというものでした。昨年暮れに100枚強のパワポの原稿を一気に書きあげて、年明けに2~3度目を通して準備しました。...
道上 · 2021/12/18
 20年近く関与させていただいている個人事業のお宅の話です。  夏冬恒例の専従者の賞与相談で伺いました。5年ほど前から息子さんが専従者になってお父さんと一緒に働いています。事業主のお父さんの評価はいつも厳しくて、やんわりなだめるのが私のいつもの仕事になっていました。...
道上 · 2021/06/19
 食品の消費税は軽減税率8%、その他は10%という2段階税率になったのが令和元年10月1日でした。実はそれと同時に令和5年10月1日からインボイス制度が始まりますということも決定していました。準備期間を4年置いたという感じでしょうか。間が合いたおかげで「インボイスって何よ」という方も多いです。軽減税率導入の研修や情報に「インボイス制度」もしっかり盛り込まれていたはずなんですが。インボイス制度は漢字で書くと、「適格請求書等保存方式」といいます。今使用している請求書に「登録番号」・「消費税率」・「税率ごとの消費税額」の記載が必要になります。  この「登録番号」の交付申請を税務署に行うわけですが、事業者のみなさんが一気に申請すると税務署がパンクしてしまいますので、これも余裕をもって令和3年10月1日~令和5年3月31日までの受付となります。この期間に申請すれば、インボイス制度が始まる10月1日までに登録番号をもらえるそうです。「登録番号」は課税事業者のみ申請できます。免税業者はどうするのか。それは次回に。  制度導入決定から2年あったおかげで税務署もしっかり準備できたということなのか、パンフレットの仕上がりが素晴らしいです。情報量、文字の量、図解、色使い・・・。プロが作るんだろうなあ・・・。
道上 · 2021/06/19
令和3年度税制改正大綱(令和2年12月10日)で、「相続税・贈与税のあり方」として「資産移転の時期の選択に中立な相続税・贈与税に向けた検討」というテーマが盛り込まれました。「過度な生前贈与で相続税制に弊害がでているのではないか」と私には読めました。相続税と贈与税を一体的にとらえて課税するという議論はこれまでも何度も浮かんでは消えを繰り返してきました。でも今回は現実味があるような、気がしてます。ITインフラの普及も後押ししているように思います。 110万円の控除をあてにして贈与を繰り返すのも、そのうち「そんな時代もあったなあ・・」という思い出に変わってしまうかもしれません。
道上 · 2021/02/11
税務関係の書類の押印が一気に廃止へ
道上 · 2020/11/28
令和2年11月7日(土)に開催されたベンチャー型事業承継トークイベント「アトツギこそイノベーターであれ!in静岡」は先輩アトツギの失敗談や経験談を聴くことができたと大変好評でした。 何より、親族内事業承継のカリスマ、アノ山野千枝さんの大回しがたっぷり見られる貴重な動画だと思います。親族内事業承継に興味がある方は、ぜひご覧ください。...

さらに表示する

          お問い合わせ先

 

        税理士法人Aアンドアソシエイツ

         赤堀会計事務所

                電話: 053-463-1848

                  住所:静岡県浜松市中区佐藤1丁目24番30号

 

                          道上会計事務所

                                                  電話: 053-476-1011

                                                  住所:静岡県浜松市中区曳馬1丁目7番13号